旧居先と新居先の掃除はどこまでやっておくのがベスト!

 

現在住んでいる部屋の掃除をどこまですれば良いのかは、なかなか難しい問題です。

 

最低限掃除しておくべきなのは、引っ越しの際に荷物を運ぶ道となる部分でしょう。

 

玄関から遠い場所から、また使っていない部屋から荷造りを行っていき、同時に掃除を済ませていくと作業がスムーズになります。

 

 

それぞれの部屋から玄関にかけてまでの廊下や階段を前日のうちに掃除しておくと、家財やダンボールがホコリまみれになることを防げます。

 

次に、

  • 空にした後の押し入れや
  • クローゼットの中や
  • テレビ台や食器棚、本棚など、

 

普段動かす機会の少ない大型の家具を移動させた後には大きなゴミやホコリが出てくることが多いので、ざっと掃除機を使って除去しておくと良いでしょう。

 

それ以外のトイレやお風呂、台所なども、掃除しておくに越したことはありませんが、あまり一生懸命に行うことはありません。

 

 

理由として、賃貸物件の場合には大家さんが、売却した物件の場合には新しい買主さんがクリーニングを行うことが普通なので、必要以上に労力をかけて綺麗にする必要が無いのです。

(賃貸の場合、賃貸契約書に退去時クリーニング代を請求すると掲載されている場合があります。)

 

 

引っ越し予定日よりも前に新しい物件に入ることができるのであれば、新居先の掃除に力を注ぎましょう。

 

 

予め大きな家具・家電のレイアウトを確定させておき、引っ越し当日にスムーズに配置できるように掃除機をかけたり、雑巾がけをして床を綺麗にしておきましょう。

 

 

引っ越し当日は忙しく、汗をかきやすいですし、体も汚れてしまいますから、すぐにお風呂に入れるように最低限の掃除をしておくことも重要です。

 

ガスの開栓手続きは立ち合いが必要なので当日に予約しておく事も忘れないでください。

 

 

長く使っていない浴槽には細かなゴミが溜まっており、お湯を張ると浮かんでしまいますから、引っ越しの数日前までには浴槽の掃除をしておくことがおすすめです。

 

 

新居を前もって掃除する場合には、床だけではなく天井などにも掃除機をかけ、床の掃除後に新しいホコリが落ちないように対策しておくことも重要になります。