当日の服装はどんな格好をすれば良いの?女性だと難しい!

 

 

 

引越し当日になって迷いやすいのがその日の服装です。

 

外に出る以上はそれなりの格好をするべきなのか、それとも動きやすい格好を重視すべきなのか、特に女性は深く悩んでしまう問題かもしれませんね。

 

 

まず、荷物の搬出から運送、そして搬入が完了するまでの間は、動きやすい服装を重視することをおすすめします。

 

 

引っ越し業者が作業している間であれば特に問題ありませんが、引っ越し業者が引き上げた後に荷解きや荷物の移動を自らの手で行うと、どうしてもダンボールの角などが引っかかって洋服を傷付けてしまう恐れがあります。

 

また、今まではなかなか掃除が行き届かなかった箇所も大きな家具や家電の移動によって露わになりますから、ホコリが飛んで洋服が汚れてしまうかもしれません。

 

そういったケースを想定すると、動きやすくて汚れても良い洋服を選んでおくべきと結論付けられます。

 

スカートよりもパンツを選び、洗える素材の洋服を選んで下さい。

 

もちろんジャージでも構いませんが、バーベキューやキャンプに行くようなスタイルがお勧めです。

 

靴も革靴やヒールはなるべく避け、スニーカーなどを履くようにしておきましょう。

 

 

ただし、これはあくまでも引っ越しの作業中に限った話であり、新居の周辺に住む方々へのご挨拶に伺う際には、綺麗な服に着替え直すことを忘れないようにしてください。

 

いくら完璧なご挨拶ができたとしても、汗だくだったり汚れ切った洋服、あるいはあまりにもラフな洋服を着ていると悪い印象を与えてしまうためです。

 

ドレスやスーツを着込む必要はありませんが、小奇麗な格好をするように心掛けましょう。

 

ご挨拶用の洋服を予め決めておき、荷造りの際に「当日開封」などと書き込んだダンボールを用意し、その中に引っ越し当日の着替えや靴を梱包しておくと、新居ですぐに着替えを見つけることができて便利です。