挨拶時の粗品としてquoカードを選ぶのは非常識?

 

引越しのご挨拶に伺う際には手ぶらというわけにいかず、何らかの品物を購入して持参することになります。

 

この品物に何を選ぶべきなのかを迷っているという方は少なくないことでしょう。

 

 

 

相手が目上の方かどうかという問題に関わらず、現金を配るということは非常識と認識している方が多いのですが、それではquoカードはどうでしょうか。

 

 

quoカードは、使い道を自由に決められるのですから、粗品で迷うよりも500円~1000円のカードを購入したほうが早く、しかも喜んでもらえると解釈することもできます。

 

(個人的には財布に入れておけて、不必要な粗品をもらうよりよっぽど嬉しいと思います。もらって嬉しいギフト券ランキング入りも果たしています。)

 

 

しかし、こればかりは受け取る人の気持ちによって異なるため一概には言えませんが、一般的にはquoカードを持参することは好ましくないと考えている方が多いようです。

 

 

quoカードには金額が明記されているため、現金としか見ることができないという方も大勢おられます。

 

 

特に年配の方はそういった考えを強く持つ傾向にありますから、非常識と思われるリスクを避けるためにも他の無難な品を選択しておいたほうが良いでしょう。

 

 

無難な品とは、月並みですがタオルや洗剤など日常生活での消耗品であり、かつ食材では無い粗品です。

 

 

どうしてもquoカードを挨拶の品として使いたい場合には、差し上げる相手は明らかに自分よりも年下の方に限るようにしましょう。

 

 

年下や同年代の方からは、少なくとも定番のタオルなどよりも実用的なquoカードのほうが喜んで受け取ってもらえる可能性が高くなります。

 

 

のし付きのquoカードも公式サイトから注文することができるようになっているため、そちらを利用すれば確実に名前を覚えてもらうことも可能です。

 

ちなみに、QUOカードが使える店舗は、コンビニ全般からファミレスやガソリンスタンドの一部店舗でご利用可能です。